2017/02/14

[042] 回文の定義(2)

「え、敵機?敵機?」って訊きてえ!

[えてききてっきってききてえ]
(旧版:(141) 2008/09/30

「竹やぶ、焼けた。」はなぜ回文なのか、という話の続き。この記事の下の方でようやく、今のところ私がベストと考える回文の定義を提案しております。

前回 の暫定的結論は、
この回文の本体はひらがなの列「たけやぶやけた」である。「竹やぶ、焼けた。」はこれを分かりやすくするための便宜上の表記、仮の姿にすぎない。
というものでした。標記の回文「「え、敵機?敵機?」って訊きてえ!」も、本体は、その下に書いたひらがな書き「えてききてっきってききてえ」のほうであって、「「え、敵機?敵機?」って訊きてえ!」のほうは、このひらがなの列の意味を明確にするための、親切のための表記にすぎない、ということになります。

この考えで行くと、回文の定義は
回文とは、ひらがなの列であって、逆から辿ったときに元と同じになるものである。
ということになりそうです。が、これでよいのでしょうか? この定義は認めがたい気がします。なぜなら、この定義だと、「たけやぶぶやけた」も「たけちびゑびちけた」も「たけらふぁおうぇはぇうおぁふらけた」も回文になってしまうからです。いや、これらも回文だと言い張って問題ないとは思うのですが(呪文だとか奇声だとか言い張れないことはない)、多くの人は回文に「意味」を求めているので、回文は単なる文字列なのだと主張するのは、現実に即していないと思われます。

それならば、ということで
回文とは、ひらがなの列であって、逆から辿ったときに元と同じになり、なおかつ意味があるもののことである。
という定義を主張したくなりますが、ただの文字の列に「意味」があるとはいったい何ぞや、という疑問を考えだすとやはりよく分からなくなります。「たけやぶやけた」という文字列には意味があって「たけちびゑびちけた」という文字列には意味がない、とはどういうことなんでしょうか。

文と表記


……こうして意味の問題にまで踏み込んでみると、ここまでの論において重要な誤りが犯されていたことに思い至ります。それは、
文とその表記とが区別されていなかった
ということです。これらを混同したことから話がおかしくなったのです。「竹やぶ、焼けた。」も、「たけやぶやけた」も、これら自体は単なる"文字列"のはずです。"文"ではありません。でも文と無関係なわけではなく、ある同じ文を「表記」した文字列になっているのです。何か共通した文Xが背後にあって、それを2つの方法で表記したのが「竹やぶ、焼けた。」および「たけやぶやけた」という文字列だ、というわけです。先ほど述べた「意味」についても、ただの文字列である「たけやぶやけた」に意味があるかないかを考えるのはお門違いですが、文Xのほうには意味があって、その文の表記が「たけやぶやけた」なのだ、と考えれば筋が通ります。

図で書くとこんな感じです。


文Xには「たけやぶやけた」「竹やぶ、焼けた。」「TAKEYABUYAKETA」などの表記があります。文Y(これは、竹やぶが笹やぶか何かに嫉妬している様子を表した文ですね)には「たけやぶやけた」「竹やぶ、妬けた。」「TAKEYABUYAKETA」などの表記があります。文Z(これは、「竹やぶ、焼けた。」と紙に書いてあるのを、句読点まで含めて声に出して読み上げたか何かした文でしょう)には「竹やぶ、焼けた。」「たけやぶてんやけたまる」などの表記があります。……と、このようになっているのです。文と表記が一対一に対応せず、多対多になっているところが、ややこしくも面白いところです。前回、「竹やぶ、焼けた。」のひらがな表記について反論者に言い負かされましたが、この図式を念頭におけば、そうなったのも当然だと思えます。「竹やぶ、焼けた。」と「たけやぶやけた」は、文Xを介して間接的につながっているだけなので、直接に一方から一方が出てくるように考えたのが間違いだったのです。

このような考え方については、『平凡社大百科事典』の「文」の項に分かりやすい説明を見つけたので、長いですが引用します。
……文とは何かについては、文法学者の数だけ定義があるといわれるほどで、……(中略)。近年の言語学では、論議を整理すべく、(話し言葉の場合)発せられる1回1回の具体的な音声そのものは文とは呼ばずにこれを〈発話 utterance〉と呼び、発話の背後に想定しうる抽象的なものとして文をとらえる、という考え方が有力である。たとえば、いろいろな人がいろいろな場面で〈この絵はみごとだ。〉と発することがあろうが、そのそれぞれの発話は、厳密にいうと、音声の細かな特徴がみな少しずつ違うはずで、また具体的に意味するところ――〈この絵〉が具体的に何を指すか、またそう発話する意図は何か(中略)――にも違いがあろう。が、こうした違いにもかかわらず、これら各発話を音声についても意味についても抽象して、〈この絵はみごとだ。〉という同じ一つの文(抽象物)を背後に想定することができる、と考えるのであり、この文・発話両概念の区別は確かに有益である。……
この引用文では話し言葉が想定されているので「発話」となっていますが、そこを「表記」に置き換えて読んでみてください。

ここで「文と表記を区別するって言ったって、そもそもその"文"の定義って何さ?」ということが気になる方もいると思いますが、上記の引用にも書かれているように、この問には言語学方面でも誰もが認める答はないようなので、これを考えるのは保留しましょう。そして、文という抽象物があること、文字列を使うと文をいろいろの仕方で表記できること、は認めてみましょう。すると、「回文とは何か」は霧が晴れたように分かります。

回文の定義


お待たせしましたが、ここで提案する定義は次の通り。
回文とは、文であって、その表記のひとつが「逆から辿ると元と同じ」という条件を満たすものである。
なんかものすごくアタリマエのこと言ってるように見えそう。でも、文と表記を明確に区別して記述した点が進歩なのです。たぶん。あと、「表記のひとつ」と言っているところも重要です。文と表記の関係が多対多なので、こう述べておかないといけないのです。

ただ、「「表記のひとつ」って言うけど、たくさんある表記のうちのどれのことか特定しなくてよいのん?」と心配する方もいると思うので、次のように定義したほうがなお明快だと思います。
回文とは、
・文と、
・その表記のひとつで、「逆から辿ると元と同じ」という条件を満たすもの
の組合せ(対、ペア)である。

この定義に従うと、「竹やぶ、焼けた。」という回文は、その背後にある文Xと、その表記のひとつ「たけやぶやけた」の組合せだ、ということになります。

では、「竹やぶ、焼けた。」という表記は回文にとって何の意義もない無用の長物なのでしょうか。そんなことはなく、次のような意義があると考えられます。文は抽象的な存在なので、我々にはそれを直接に名指すことができません。そこで、何らかの表記を用いて、背後にある文を読み手に「悟らせる」必要がありますが、ひらがな書きの「たけやぶやけた」だと文が悟りにくい。そこで、文を悟るのが容易であるような「竹やぶ、焼けた。」という漢字かな交じり表記を使って回文を提示するのだ、と考えられます。漢字仮名交じり表記とひらがな表記を併記する慣習は、すごく理にかなったものだと言えます。

回文のこの定義は、さまざまな種類の回文(漢字仮名交じり回文、ローマ字回文、モールス符号回文、等々)を一挙に記述できているところも利点だと思います。表記の仕方をひらがな書きに限ったのが、いちばんノーマルな回文、ということになります。これらさまざまな種類の回文について、次回述べることにします。

2017/01/11

回文関係者に聞く(7) 三田たたみさんの巻

私が話を聞きたい回文関係者に好き勝手に話を聞くコーナー「回文関係者に聞く」第7回は、三田たたみさんです。著書『めぐる季節の回文短歌』(書肆神保堂)を最近刊行されたり、『NHK短歌』2016年11月号 にも回文短歌が掲載されたりと、回文短歌の一線で活躍される三田さんに、回文短歌にぜんぜん通じていない私が遠慮なく好き勝手に質問しております。ハラハラ感(?)をお楽しみください。

2016/11/13

回文関係者に聞く(6) りゅうさんの巻

回文関係者のお話を通じて、回文の多角的理解を目論む(たぶん)インタビューコーナー「回文関係者に聞く」6回めは、りゅうさんです。徹底して自然な日本語を目指すりゅうさんの回文は、新しい領域を切り開いた感があると思っております。そのりゅうさんに、西荻の喫茶店でほろ苦いアイスコーヒーを飲みながら、いろいろ伺ってきましたよ。